マンガ買取ランキング.net
マンガ買取ランキング.net > マンガネット買取について > マンガネット買取で起こるトラブルとその対処法

マンガネット買取で起こるトラブルとその対処法



ネット買取の人気の裏にはトラブルもある

マンガを売ろうと思ったとき、インターネットが一般的に使われるようになるまでは店頭での買取しかありませんでした。

今ではインターネットでマンガや小説などの買取をしている業者が増えていることから、大多数の人が利用しています。

マンガネット買取では、家にいながらマンガを売ることができるのが最大の魅力ですよね。

しかも、24時間買取申込みの対応をしているので、忙しい人でも空いた時間を利用して売ることができます。

もう一つの魅力は、査定額が店頭買取よりも高くなることが期待できること!

キャンペーン期間中だと、より高い買取価格になることもあります。

冊数が多くても、お店に持って行く必要がなく気軽に利用することができるので、とても人気のあるシステムとなっています。

このような理由からマンガネット買取を利用する人が増えてきているのですが、その人気の裏にはトラブルもあるようです。

見積りと査定額の差がある

マンガネット買取では、見積りを調べることができます。

これは、本の番号(ISBN番号)やマンガのタイトルや作者名などを入力することで、いくらくらいで買取をしてもらえるのかを知ることができるのです。

ですが、見積りで出た金額が買取価格かというと、そうではないのです。

見積りと実際の買取価格に差があることで、買取申込みをキャンセルして返品してもらう手続きをすると、返送料はあなたが負担することがほとんどなので、ここでもっとトラブルが大きくなってしまうそうです。

査定額に差が出る理由は、見積りは新品同様や美品が条件となっていることです。

一般的に売ろうと思っている本は、使用感や日焼けなどがありますので中古での査定が出ます。

新品同様・美品と中古という状態の差があることから、査定額にも差が出てしまうのです。

買取価格のトラブルを回避するためには、見積りをしっかりできる業者を選ぶことが大切です。

見積りの際に、キズ・シミ・ヨレ・折れなどの状態を選択することができる業者を選ぶと実際の買取金額に近い見積りをしてもらうことができます。

郵送時の破損

梱包をしてキレイな状態で送ったのに、業者についたときに査定額が減ったり買取できないとなる場合があるようです。

ほとんどの理由が、郵送時の破損になるそうです。

ではなぜ、郵送時に破損が生じてしまうのでしょうか。

それは、正しい梱包がされていなかったためになりみあす。

マンガの正しい梱包とは、

・マンガを平置きに入れる(表紙を上にするように入れる)
・すき間ができないようにする
・大きい本から入れて行く

この3つがポイントになります。

マンガは、縦の重さに弱く横からの負荷には強い作りになっています。

発送するときは、いろいろな商品が積み重なっていくことになりますので、横に梱包するようにしましょう。

段ボールに入れるマンガの量は、なるべくフタができるギリギリまで入れることが理想ですが、どうしてもすき間ができるようでしたら新聞紙などを使って動かない状態を作ることが大切です。

大きい本から入れて、隙間なくすることで本同士がぶつかり合って破損することもなくなりやすくなります。

このようなことに注意することで、トラブルなくマンガネット買取を快適に利用することができます。