マンガ買取ランキング.net
マンガ買取ランキング.net > マンガ買取 不安・悩み > ネット買取はオークションよりも高く売れるの?

ネット買取はオークションよりも高く売れるの?



単純に考えるとオークションの方がマンガを高く売ることができるのですが・・・。

いらなくなったマンガだけど、ちょっとでも高く売りたいですよね。

マンガを売る方法を検索してみると、古本チェーン店に直接行く方法・出張買取などろいろな方法が出てきます。

そこで疑問に思うのが、「ネットオークションと買取サイトのどちらを利用するといいのか」ということはありませんか?

結果を先にいいますと、金額だけを見るとネットオークションの方が高い値段で売ることができます。

高額査定をしていると言われているマンガ買取サイトでも、運営費や人件費がかかっているので査定をするときにその額を差し引いて会社の儲けになるようにしなくてはいけないのです。

オークションの場合は、出品するための写真撮影・詳細入力・梱包・発送などすべて自分でするので、買取サイトのように人件費などがかかることはありません。

売上はすべて自分のものになる、ということです。

単純に考えると、オークションの方がマンガを高く売ることができるのですが・・・。

オークションでマンガを売るデメリット

出品~取引完了のすべてを終わり最終金額を手にすると、買取サイトを利用したときより低くい金額になる可能性があります。

それは、出品する本が全巻そろっている場合はいいのですが、1巻単位の出品になると落札されない場合が多いです。

古本屋で1冊300円で売っているから自分は200円で売ろうと値段をつけるかもしれませんが、落札者へ送るときの送料がかかります。

出品者が負担すると損になり、落札者が負担するとチェーン店で買った方が得になったり、新刊で買った方が安かったなんてこともあります。

なので、レアな商品などよっぽどのことがない限り売れ残ってしまいます。

ほとんどの場合オークションへ商品を出品する時は、使用料がかかります。

それぞれのオークションサイトにもよりますが、出品したマンガが売れたら売上の数%を引かれたり、出品するには登録が櫃王になりますので、毎月数百円ですが請求がきたりします。

出品した商品がすぐに売れたら良いのですが、人気やニーズの少ない商品ですと売れ残ったりします。

売れ残っている期間のサイト使用料を払い続けることを考えると、マンガ買取サイトで売った金額と同じになるかそれ以下の金額になっているでしょう。

出品するには、商品が素敵に見えるような写真撮影をしたり、説明文をつくったり、キレイに梱包をして送ったり、かなりの手間がかかります。

1冊あたりの単価が低いマンガはこのようなことが考えられるので、オークションを利用することはオススメできません。

買取価格はオークションの方が高い場合がありますが、使用料や手数料などがかかったり、手間や時間がかかること、トラブルに巻き込まれる可能性もあることなどを考えると、スムーズにマンガを処分したい人には向かない方法でしょう。