マンガ買取ランキング.net
マンガ買取ランキング.net > 買取サイト マンガ別 > 『orange』のマンガを高く買取してくれる買取サイト

『orange』のマンガを高く買取してくれる買取サイト



高額買取が期待できる『orange』

「orenge」(オレンジ)は、高野苺原作のマンガです。集英社の別冊マーガレットに2012年4月号から12月号まで連載されましたが、作者の体調不良により休載。

その後、双葉社の月刊アクションへ移籍し2014年2月号から2015年10月号まで不定期での連載をしていました。

単行本は、集英社から全2巻、双葉社からは全5巻の単行本が発売されています。

「単行本の累計部数」は150万部。
「このマンガがすごい!オトコ編」ベスト20
「次にくるマンガ大賞2015年これから売れて欲しいマンガ部門」第12位
「全国書店員が選んだおすすめコミック2016」第6位

などに入賞。さまざまな世代から、高い評価で人気を得ています。

友達の自殺を止められたはずと後悔に苦しんでいる10年後の自分から手紙が届き、主人公である高校生が未来を変えて行くというSF青春ラブストーリー。

舞台は、長野県松本市。主人公の高宮菜穂は、高校2年生になったばかりの16歳。4月の始業式の日、10年後の未来からの自分あての手紙が届く。その手紙に書かれていた通り、東京から成瀬翔が転校してきた。

手紙には、翔を好きになること・翔が事故で亡くなること・その事故は防ぐことができた、ということが書かれていた。手紙の通り、菜穂は翔のことを好きになる。いつも消極的だった菜穂。未来に起きる出来事を変えるため、手紙を元に行動していく。

orangeは2015年12月には実写映画に、2016年7月からはテレビアニメにもなっていることもあり、ますます話題の作品になっています。

複数の買取サイトで査定を調べる事がポイント

マンガ買取価格の相場も上がっていますね。インターネット買取サイトでは全5巻セットで1400円となっていて、1巻単位では平均が156円で最高値が312円となっています。

買取サイトによって差はありますが、大手古本店などでは1冊ずつの状態で査定されますので、全巻セットでしたらインターネットでの買取サイトがオススメです。まとめて売る事でさらなる買取金額アップが期待できますよ。

いらなくなったマンガを1番高い値段で売りたいと誰もが思いますよね。

そのためには、多くのお店での査定が必要となってきます。

しかし、実際にお店にマンガを持って査定してもらったりするのはとっても手間も時間もかかってしまいます。

そのような時に買取サイトを利用すると、いろいろなお店の査定をみることができますし、買取価格の比較も簡単にすることができます。

複数の買取サイトで買取査定を調べ最も高値で買取してくれる買取サイトを利用するようにしましょう。